保険料の納付要件


保険料の納付要件には、原則と特例があり、そのどちらかを満たせばよい事になっています。


原 則


初診日の前日において、初診日のある月の前々月までの国民年金被保険者期間(厚生年金保険の被保険者期間、共済年金の被保険者期間を含む)のうち、保険料の免除期間などを合せて納付済みとされた期間が、全体3分の2以上ある事が必要です。


つまり、初診日までに保険料の未納期間があまりにも多い方は、特例を除けば、障害年金の請求すらできない事になります。その場合は、特例の確認を行います。


HP保険料納付要件011.png


 

 

特 例

ただし、原則から外れてしまっていても、特例として、初診日の前日において、初診日のある月の前々月までの過去一年間で、保険料の未納期間がなければ、特例措置として、クリアすることができます。

HP保険料納付要件011 - コピー.png


▲このページのトップに戻る