障害年金の概要

 

国の年金制度は、各種年金の法律に基づいた制度です。

年金には、大きく、老齢年金、遺族年金、障害年金の計3つの制度がございます。

 

障害年金は、病気や怪我が原因で、日常生活に支障をきたしている方に対して、一定の条件のもとに支給される公的な年金制度です。

 

障害年金は、公的な年金制度ですから、受給の条件を満たす事ができれば、誰でも請求を行う権利があります(ただし、申請を行っても、受給できるかどうかは別問題です)。


障害年金は、法律上の制度ですから、制度内容が複雑です。

障害者手帳の申請に比べて、全国的にも申請件数が格段に少ないのが実情です。

 

 

加入制度ごとの一覧表

 

障害年金は、初診日の時点で、どの年金制度に加入をしていたのかによって、以下に枝分かれしています。

加入制度 等級 一時金
国民年金 障害基礎年金(1〜2級)
厚生年金保険 障害厚生年金(1〜3級) 障害手当金

 各等級ごとの受給金額についてはこちら

 

 

申請をする為に最低限必要な条件

 

初診日の条件
 
年金保険料の条件
 
障害の程度
         
   

初めて病院に通院した日に、年金制度に加入していた事が条件です。

 

初診日前に、一定程度以上の年金保険料を納付していた事が条件です。

 

障害等級に該当するような、一定程度以上の障害を持っている事が条件です。

 

 

受給についての勘所
 

  初診日の重要性


障害年金は、初診日を基準とした初診日前の一定程度の年金保険料納付が、条件になっております。

更に、初診日時点で、どの年金制度に加入をしていたかによって、申請方法に違いがでます。

初診日がどうしても解らない場合、今現時点で、いかに重篤な状態であったとしても、障害年金の申請行為ですら行えない可能性が高くなります。

 

                                                             初診日についての詳細

 

※ 当事務所では、初診日の特定が難しい方にも対応しております。まずは気軽にお問い合わせください。


  初診日により枝分かれする制度


障害年金は、初診日時点で加入していた制度によって枝分かれします。

国民年金加入者であれば障害基礎年金、厚生年金加入者であれば障害厚生年金が申請できます。

障害厚生年金の1〜2級については、障害基礎年金も併せて受け取る事ができます。障害厚生年金3級該当者については、障害基礎年金は受け取る事ができません。

国民年金への加入義務のない20歳より前に初診がある方については、障害基礎年金が申請できます。

 

  初診日前の保険料納付の条件


初診日の前日時点で、初診日のある月の前々月までの国民年金に加入義務のある期間の中で、3分の2以上の期間が未納期間以外である必要があります。

 

                                                          納付要件についての詳細

 

  障害の程度を確認


障害年金は、障害の状態に応じて等級が決定されます。

ですから、「○○病なので○級です」と言えるものではありません。例えば、病名として同じうつ病を患っている方が2名いたとします。片方は2級で、もう片方の方は3級という場合もあります。

 

                                                     該当する等級についての詳細

 

 
 
▲このページのトップに戻る