奮闘ブログ<活動記録 Part.3>

 

 

癌について 2018年5月23日

いつもお世話になっております。

社会保険労務士の本田です。

 

今回は、癌について書きたいと思います。

 

私は、開業当初より障害年金業務に携わってきました。

そして、種々様々な障害や傷病をお持ちの方と接してまいりました。

 

私の父が、先月、胃癌の告知を受けました。

健康診断を行って発覚したものです。

 

癌の告知を受けた本人が一番辛いのは言うまでもありませんが、同時に、家族皆、驚きました。晴天の霹靂とは、まさにこういう事です。

 

地元の病院での健康診断でしたが、東大病院への紹介状を書いてもらい、すぐに転院となりました。(東大病院は、父のかかりつけでもあったので)

 

開けてみないとわからないとの事ですが、恐らく初期のものではないか?との医師の見解です。

 

本日、東大病院にて手術が行われます。

私たち家族には、無事である事を祈るしかすべはありません。

 

 

事務所PCを取り替えました 2018年5月22日

いつもお世話になっております。

社会保険労務士の本田です。

 

本日、事務所PCを購入しました。

旧PCは東芝のものを使っていましたが、動作に不具合が生じるようになり、万が一を考えて思い切りました(汗)

 

今回は、人生初のDELLのPCです。

私自身、PCには特に詳しくありません。一つ一つ、性能(用語の意味含め)を調べながら、コスパ重視で購入しました。

 

S_8002985809901.jpg

 

東芝のPCは3年位しか使っていません。

もっともってくれないと、、、痛手です(汗)

 

 

障害年金2級決定のご連絡を頂きました 2018年4月27日

いつもお世話になっております。

またまた、ブログさぼってしまいました(汗)

(”ブログよりも実務優先”と、苦し紛れのいい訳をしておきます(笑))

 

実務については、例年通り順当に行っております。

先日も、障害年金2級決定のご連絡を頂きました。精神2級です。

 

詳しい事は個人情報にあたりますので割愛させて頂きますが、この方は女性で、現状就労を行っておらず、夫と一緒に暮らしており、夫の収入により生活をしている状態です。

 

年金的には、妻が夫を扶養しているとして、配偶者加給年金の加算金がプラスされ決定しております。

 

実態としては、夫が妻を扶養している状態です。

しかし、年金的には妻が夫を扶養している状態です。

 

。。。ちぐはぐですよね。。。。

 

でも、これは不正などではありません。

加給年金の加算の条件に合致しているから、このようになっても不思議ではないのです。配偶者加給年金は、年額で224,000円程度加算されます。これが、自身の報酬比例に加算されて支給されるのです。とても大きいですよね。

 

2018.5.1.jpg

 

 

 

新年明けましておめでとうございます -2018年1月4日-

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

旧年中は、お客様、関係関与先など、沢山の方にお世話になりました。

 

この事務所が存続し続けていられるのは、支えてくださる皆様のお蔭です。

本当にありがとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 

私は、元々北茨城市出身です。

毎年、新年には北茨城市の花園神社にお参りにいきます。

 

お参りの際には、必ずおみくじを引くのですが、今年は1回目で、なんと大吉でした!

(大体、毎回2〜3回、良いものが出るまで引きます(笑))

 

事務所の平穏と、家族、そしてお客様や関係関与先様の幸せをお祈りいたしました。

特に、特別な事なんてなくても良いと思っています。皆が幸せで、平穏な日常を暮らせますようにと祈りました。

 

本年もよろしくお願い致します。

 

 

ジム通いを始めました -2017年10月23日-

最近、健康管理の為に、ジム通いを始めました。

 

いわき市湯本にあるゆったり館という施設です。

トレーニングジムやプール、温泉などがあり、とてもいい所です。

 

長年、障害年金のお仕事に携わっておりますが、健康が1番です。

日常生活の中では、ついつい、仕事や家庭、そして遊びを優先してしまいがちになります(私もそうです)。

 

自衛隊出身の私が言うのもなんですが、正直、運動は苦痛です(笑)

できる事ならやりたくありません。


ですが、致し方ないです。やるしかありません。

毎年、私は人間ドックを受ける事にしています。今年は、便潜血で精密検査となりました。検査の結果、運よく異常はなかったのですが、運が悪ければ異常ありだったかもしれません。

 

便潜血と運動間では因果関係はありませんが、

糖尿を始め、成人病の予防は大切な事です。

 

何とか続けるように頑張ります。

 

ゆったり館.jpg

 

 

 

遺族年金の過払い問題について -2017年10月11日-

本日、テレビや新聞などで、遺族年金の18億円過払い問題が取り上げられました。

 

国の公的年金は、合計で3つあります。

老齢年金、障害年金、そして遺族年金です。

 

遺族年金は、配偶者や、両親などが死亡した場合に、残された遺族に対しての生活保障として支給されるものです。

 

今回は、国の会計監査院の調査によって発覚したものです。

今回は、1万人を対象としたサンプル調査だったようです。つまり、まだまだ、氷山の一角という訳です。

 

何故、こういう事が起こるかと言うと、理由は大きく以下の2つになります。

 

@ 制度への理解がない(故意ではない)

A ダメだと知っていて受け取ってしまう(故意)

 

 

遺族年金が不該当となる代表的な例は以下になります。

 

・ 遺族年金を貰っている方が死亡した時

・ 婚姻した時(事実婚含む)

・ 直系血族や直系姻族以外の方の養子になった時

・ 高校卒業時点に達した時(貰っているのが子の場合)

・ 受給権を取得した当時30歳未満であった場合で、受給から5年を経過した時(子のない妻)

 

上記が、代表的な不支給となる条件です。

日本年金機構に失権届を提出せずに受給し続けた場合、受け取った年金額を返還する事になります。数カ月分程度ならまだしも、最大で5年間分まで返還が必要になる場合もあります。

 

 

 

久しぶりに旅行に行ってきました -2017年9月28日-

先日、久しぶりに家族旅行をしました。

 

山形の瀬見温泉です。

山形は、あまり定かではありませんが、小さい頃、旅行で行ったような記憶があります。しかし、あんまり覚えてません(^^;

 

ただ、今回の瀬見温泉は初めてでした。

 

昔、小学校の頃、社会の授業にでてきた源義経って覚えてますか?

弁慶と一緒に活動していて平家を滅ぼした人で、そして最終的には兄の頼朝に殺されてしまった人です。

 

どうも、今回行った瀬見温泉は、兄の頼朝から逃げてる時に立ち寄った所みたいで、義経が発見した温泉らしいんですよ。


義経.jpg

 

お湯は無色無臭で、とてもよい温泉でしたよ(^^)

 

途中、仙台に寄り、仙台うみの杜水族館にも行ってきました。

私、結構水族館が好きで、いわき市のアクアマリン水族館については、実は年パス持ってます(笑)

 

うみの杜水族館.jpg

 

仙台うみの杜水族館、結構良かったです。

一番印象に残っているのは、何といってもアナゴの水槽です。

 

アナゴ.jpg

 

普通、兄弟でも、こんな仲良くないですよね(笑)

 

 

帰りに、銀山温泉の見学もしてきました。

見学だけだったので、温泉には入っていませんけど(笑)

 

銀山温泉.jpg

 

風情ありますよね〜本当に素晴らしかった。

でも、私は、真ん中に流れる川にいた野生のイワナの方が気になっていましたけど(笑)

写真では解りにくいですが、異様に大きくて驚きでした。

 

銀山温泉川.jpg

 

たまには旅行もいいもんですね。いい気分転換になりました(^^)

 

 

 

久しぶりの更新になってしまいました -2017年9月20日-

以前は、定期的にブログを綴っておりましたが、気が付けば、1年半近く更新をしておりませんでした(汗)

 

こんなつたないブログでも、たまに見てくださる方もいるようで、

数年前、手続業務を依頼された事のあるお客様より、「大丈夫ですか?事務所はやっているんですか?」とのお電話がありました、、、

 

大丈夫です。お仕事については、以前にも増して精力的に取り組んでおります。

 

最近も、障害年金の申請サポートのご依頼はよくあり、申請事例なども、どんどん積み上げております。事務所としての申請事例を積み上げ続ける事で、ご依頼を頂くお客様へのワンランク上のサービスに繋がっていきます。

 

今日は、先日、障害年金申請を通過させたお客様より、お蕎麦が送られてきました。

大変、ありがたく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

私も、家族も、お蕎麦は大好きです。

特に最近は、毎晩、お蕎麦を食べています。

 

詳しい事は解りませんが、家族いわく、”お蕎麦にはダイエット効果がある”そうです。

 

ですので、元々の蕎麦好きも重なり、毎晩お蕎麦です(笑)

 

 

 

サクラロードレースに出場しました -2016年4月11日-

昨日(4月10日)、日立サクラロードレースに出場しました。

 

サクラロードレースは、合計5つの種目(ハーフ、10キロ、5キロ、2.2キロ、1.8キロ)に分かれており、私はハーフマラソンに出場しました。

 

1421997130_1[1].jpg

 

実は、私自身、今回で2回目です。

2年前もハーフマラソンに出場しました。

 

前回は、事前にあまり練習ができず、ぶっつけ本番の様な状態でしたが、タイム的には案外良好で1時間47分位で走る事ができました。今回も「何とかなるだとう!」という安易な気持ちで出場しました。

 

結果、両膝負傷の為、惨敗です・・・

何とか、完走だけはしましたが、膝が痛すぎて階段を上り降りする事ができません(苦笑)

 

7キロ地点位から徐々に走れなくなり、10キロ地点では完全に歩いていました・・・

痛くて痛くて、全く走る事ができなくなり・・・ 結果、2時間40分(苦笑)

 

悔しいので、次回は、ちゃんと練習してリベンジします(涙)

 

 

 

本日、透析の障害年金申請を行いました -2016年1月14日-

本日、人工透析による障害年金の申請を行ってきました。

 

人工透析という障害の状態のみで考えれば、重度の状態を除き基本的に2級に認定されます。

 

経験上、人工透析による障害年金申請の場合、一番問題となるのが初診についてです。

人工透析治療は、いきなり人工透析から開始されるという訳ではありません。長年、糖尿病や腎症など治療を行い、その治療の末に透析療法に移行するというのが通常です。

 

障害年金には、因果関係という言葉があり、例え病名が違ってもそれぞれの病気に関連性があれば、前後の病気は、同じものとして取り扱われます。

 

障害年金の申請の場面では、発症から現在に至るまでの全ての病院と、それら病院に通院をしてきた期間などを全て調べる必要があります。ですから、療養歴が長い方は、本当に大変です。

 

因みに、人工透析は有期認定となります。

有期認定とは、2年や3年などの期間が設けられ、その都度更新するタイプになります。例えば、仮に途中で腎移植などを行い、障害の状態が改善されれば、障害年金はそこまでとなります。

 

 

明けましておめでとうございます -2016年1月4日-

明けましておめでとうございます。

年明け初出勤日の今日は、神棚のお酒とお榊を新しいものに取り換え、本日1月4日より業務開始と致しました。

 

昨年中は、お客様や関係関与先、友達、そして家族の多大な支えがありました。

無事に本年を迎える事が出来た事、深く感謝申し上げます。

 

この大きな社会の中で、1つの企業として立ち続けるという事は、本当に大変な事です。

どんなに優れた人や企業でも、1人で生きていく事は出来ません。

 

そこには、協力会社があったり、お客様がいらっしゃったり、家族がいたり、

周囲を取り巻く皆様の協力や温情なくして、立ち続けていく事は不可能です。

 

昨年中は、茨城県内を中心に障害年金の申請業務や、企業様の労働社会保険を中心としたコンサルティング業務を多くお手伝いさせて頂きました。

 

本年も皆様のお役に立てる様に、必死で頑張りたいと考えております。

どうか、本年も宜しくお願い申し上げます。

 

20160104.JPG

 

 

 

受給決定のご連絡を頂きました -2015年12月13日-

障害2級決定のご連絡をいただきました。

 

人工透析による障害2級です。

通常、透析療養中ともなれば、障害年金は確定かと考える方が多いと思います。

 

しかし私の経験上、大半は、透析療養に入る前には糖尿などの別疾病を経由して透析になる方が大半です。障害年金は、必ずしも透析が開始された日を初診日として取り扱う訳ではありません。


社会保険特有の"因果関係"という考え方により、前後の疾病が繋がっていきます。


ですから、糖尿発症後の透析療養ともなれば、そこには因果関係が存在する訳ですから、10年や20年も遡る可能性だってあります。現症がどんなに重い症状であったとしても、初診が確定できない以上、障害年金の受給は大変難しいものとなります。


IMG_20151213_0003.jpg



 

 

年賀状を購入しました -2015年11月17日-

前回のブログから、またまた大分空いてしまいました(汗)

書こう書こうとは思ってはいるのですが、ダメですね...

 

関係先の企業様には、年末調整の案内が終わりました。

個人的にも、先日、年賀状を購入しました。

 

DSC_0001.JPG

 

最近まで半そでで過ごしていて、夏だとばかり思っていたのですが、後1カ月半もしないうちに、年末到来ですね。ほんと、一年が早すぎて驚きますよ(汗)

 

 

 

お盆が明けました -2015年8月17日-

お盆が空けました。

本日より、盆明け業務の開始です。

 

お盆の期間中、本田の実家では、迎え火や送り火を焚く事になっています。

迎え火は、先祖の霊が道に迷わぬように焚くもので、送り火は、お盆最終日に、霊を送り出す為のものだそうです。

 

お盆期間中、夕方以降になれば、新盆を迎える近隣の家々から"じゃんがら念仏踊り"の音が聞こえてきます。その音が聞こえれば、「あ〜お盆なんだな〜」と、この季節を感じます。

 

DSC_0189.JPG

 

 

お盆休みを頂きます -2015年8月11日-

8月13日(木)〜8月16日(日)まで、お盆休みを頂きます。

 

代表の本田は、実家の長男です。

特に、お盆だから何かをする!という事もないのですが(笑)先祖のお墓参り等、田舎の行事をこなしつつ体を休めてきます。

 

 

受給決定のご連絡を頂きました -2015年8月11日-

いわき市にお住いのお客様から、障害年金決定のご連絡を頂きました。

 

精神障害2級での決定です。

当手続で、問題となったのは、大きく以下の2つありました。

 

@初診が不明

こちらは、病院側が先天性を疑っていた為です。先天性か?そうでないか?は、障害年金を請求するうえで重要な事です。何故なら、国民年金による請求になるのか?そうでないのか?そもそもの問題として、手続の方向性が定まらないからです。

 

A就労について

当請求者は、障害者就労といえども、就労の実態がありました。時間は、一般的なフルタイムよりも短いものですが、原則、精神の認定では、大きな壁となります。誤解を恐れずに言えば、3級であれば、短時間のパートアルバイト程度までなら認定されるケースがあります。しかし、2級ともなれば、原則、就労の実態がある事で、年金の決定は認められません。

 

今回は、この辺がキーワードとなる請求案件でした。

 

ご家族さんも本当に喜んでいて、私自身もうれしさ倍増です。

ともかく、認められて一安心です。ホッっとしました ・ ・ ・

 

落ち着いて盆休暇に入れそうです(^^;)

 

受給決定のご連絡を頂きました -2015年8月8日-

先日、茨城県県北にお住いのお客様から、障害年金決定のご連絡を頂きました。

 

精神の2級の障害です。

当手続で問題となったのが、昨日もブログで記した「初診」についてです。

 

精神の障害というものは、多くの場合、症状に波があります。

波の程度については各人様々ですが、途中良くなって、何年も病院への通院をしない場合もあります。

 

このお客様は、初診日が10年程前でした。

ただし、初診時の病院は、既に廃院しており初診日の証明が取れません。

 

どうしようか?本当に悩みましたが・・・

通院が途切れていた期間に目を付け、社会的治癒にて、途中の期間(社会的治癒明けの日)を初診として申請をしました。

 

結果、決定がおりて無事2級を獲得。

 

社会的治癒については、それを満たす要件について、行政からの明確な文書等は、一切発表されておりません。ですので、非常に高度な判断が必要となります。

 

とにかく、決定してくれて良かった・・・

胸をなで下ろしました・・・

img005.jpg

 

 

障害年金の初診について -2015年8月7日-

以前、弊社で手続を行った透析療養に関する障害年金申請について書きたいと思います。

 

糖尿が原発の透析療養を行っている方でした。

決定としては2級障害を獲得されました。

 

一見、糖尿病と透析療養では、病名が違いますから、別々の病気と思われがちです。

 

しかし、障害年金的に見れば、糖尿病と人工透析については、同じ病気となり、それらを一つの障害として取り扱いがなされます。障害年金でいうところの「相当因果関係」というものです。

 

各々ケースバイケースですが、糖尿発症時から、人工透析に至るまでには、その間何年もの時間が経過します。そこで難しくなるのが、初診の特定です。初診が、『●年▲月○日』といった具合に、客観的に証明できるのか?そこが、一つのキーワードとなる事は間違いありません。

 

当お客様についても、初診をカナリ遡りました。

客観的な証明とまではいきませんでしたが、厚生年金加入記録、その他書類等から、総合的に初診が認められ、何とか受給に至ったという稀なケースです。

 

原則、初診が不明な場合には、決定どころか書類の提出ですらたどり着けません。

現在、医療法では、病院側でのカルテ保存期間は5年と定められております。

 

裏を返せば、病院側では5年以上前の診療記録は、処分しても大丈夫なんです。

ただ、法律通りにそれをされてしまうと、後々、患者さんが障害年金の申請をしようにも、初診の証明が取れずに、受給を断念しなければならない事だってあります。

 

本当に厳しいですよね・・・

法律の改正等、検討してほしいものです・・・

 

▲このページのトップに戻る