障害厚生年金の年金額について


障害基礎年金は、年金額が誰でも一律なので非常に解りやすいです。

しかし、厚生年金部分は一人ひとり年金額が違います。


計算上、年金額に影響を及ぼすものは、大きく2つあります。

それは、障害認定日までの給与水準と、厚生年金への加入期間です。基本的には、それら2つを基にして年金額が決まります。


下の計算式が、年金額計算の算式になります。

とても難しいですね。。。


報酬比例の年金額
平均標準報酬月額×7.125÷1,000×
平成15年3月までの加入期間の月数
(※ 加入期間が300月未満の場合は、300月とみなして計算)

          +(プラス)

平均標準報酬額 ×5.481÷1,000×
平成15年4月以降の加入期間の月数
(※ 加入期間が300月未満の場合は、300月とみなして計算)

(※ 障害認定日の属する月後の被保険者期間は、計算から除きます)

 平均標準報酬月額とは

平成15年3月までの標準報酬月額の総額を平成15年3月までの加入月数で割った額

 平均標準額とは

平成15年4月以降の標準報酬月額と標準賞与額の総額を平成15年4月以降の加入月数で割った額

 最低保証額

障害年金3級には、最低保証額が定められています。1級と2級には最低保証はありません。

 1級の障害厚生年金額

1級の障害厚生年金については、上記で求めた額に1.25倍を掛けた金額になります。


▲このページのトップに戻る